たぬメロの「これイイじゃん!」

ワークママのための「これイイじゃん!」を探します

自宅で本格的にエスプレッソを淹れてみる!

先日、半業務用のエスプレッソマシンを購入しました。今回は、初自作エスプレッソ奮闘記でございます。

 

エスプレッソは難しい、汗汗💦

ずーっとそう思っていました。

家庭用のエスプレッソマシンを利用したことがありましたが、全然うまくいかず(知識もほとんどなかったので)

 

間違いないネスプレッソのカプセルコーヒーを使っていました。

 

 

まず、初心者には難しいと思う理由

クレマが出来ない

新鮮な豆の管理が難しい

専用の粉挽き(グラインダーが必要)

 

など…。

 

コーヒーの先生に教えてもらい、そして教則本を読みながら試行錯誤して、こんなもんかな?ぐらいなエスプレッソが出来たので記録に残したいと思います。今回はエスプレッソを淹れるための基本的な所作の説明は省きます。

 

機材は、ラ・マルゾッコ リネアミニと、グラインダーは 同じく ラ・マルゾッコの Lux  Dを使用します。

f:id:tanumero28:20210912202015j:plain

 

豆は、業務用スーパーで買ってきた中深煎豆です。こだわりたい気持ちをグッと堪えて練習用には味も量も十分です。(たくさん使うのでまずはコスパ重視)

f:id:tanumero28:20210920112525j:plain

 

良いエスプレッソの条件

(ダブルのホルダーを使用します。)

 

  1. 9気圧
  2. エスプレッソの抽出温度は 90℃
  3. 粉量 18〜20g
  4. 抽出量 20〜30g(片方)
  5. 抽出時間 20〜30秒

 

で抽出されたものが最適とされています。

 

今回は、メッシュ(挽きめ)5、粉18gでスタート!(まずは真ん中のメモリで、粉量はコーヒー教室でやっているのと同じ分量にしてみました。)

 

初めて落とした時、

クレマが立たず、ジャバジャバとエスプレッソが落ちてきて20g落とすのに10秒もかからなかった。💦試しに飲んだら不味くて、これはないだろう…と素人でもわかる(笑)

 

良いエスプレッソは、クレマがたち、クレマの色がヘーゼルナッツ色である。少しカップを揺すっても下の黒いコーヒーがすぐにでてこない程度がちょうどいいのです。

f:id:tanumero28:20210920161223j:plain

↑ちょっと白いシミが気になりますね…。

クレマが立たない要因として

1  古い豆

2  粉の量が少ない

3  メッシュ(挽き目が荒い)

 

である。「1 」はクリアしているとして、まずは「3 」のメッシュを調整してみることに。しかし、なかなか20秒以上になりません。そのため、初めのメモリ、5→4へ向かうべく、小さなメモリで3メモリぐらいづつ細かくしていきます。(こんなにシビアと思いませんでした。)

 

しかし、機械的にメッシュを細かくし過ぎるとグラインダーの故障になる、と聞いたことがあったので、であれば、粉の量を多くしてみよう、と18gから19gへ変更。(これもたったの1gとシビアです)。

 

※ちなみに使っているバスケットは21g用だったので、18gでは少ないのかも…。

 

最終的に、19g、メッシュのメモリ 4 、秒数は26秒のところで落ち着きました。

 

味は…

こんなもんでしょうか…。一番最初に飲んだ時は、最後に強いエグ味を感じましたが、それは無くなって「まあ、こんなもんか?」って具合に。

 

っていうか正直エスプレッソだけを飲む習慣ってあまり日本人には馴染みがないですよね?基本ラテやカプチーノにして飲みますよね?だから、私もガッツリ味見をするのって案外初めてのことでした。(今までもカプセルコーヒーのエスプレッソを原液で飲むこともあまりなかったので)

 

でも、何度か試飲していると、「あ、えぐみがない」、とか、「さっきよりスッキリしてる」とかが分かってきます。

 

正解ってないんですよ、使う豆も、味も。エスプレッソに使う豆は、エスプレッソ用とかじゃないといけない訳ではなく、好きな豆と使っていい。とにかくまずは本人が「美味しい」って思うことが正解なんですって。

 

こればっかりは、何度も飲んで好みを探っていくしかないのですね。

 

ただ、初めてエスプレッソを淹れるのであれば、良い豆と、中深煎りの豆を使用するのがいいそうです。クレマを出しやすいので。

 

本当に僅かな変更で、全然変わってしまうエスプレッソ。奥が深いです。その日の温度、豆の焙煎具合、挽き目具合、ホルダーの温度だったり、本当に細かい条件で全然変わってしまう。しかし、エスプレッソを初めて淹れるものにとっては大変難しいですよね。

 

なので、たくさん淹れて味見して、まずは「美味しい」ってところにたどり着くことが大事かと。

 

とりあえずの基準が決めないことには、この先がありませんからね。

 

味にこだわり出したら、キリがなさそうで、気が遠くなります…。

 

本日のラテアートの練習の成果(下手くそですみません)

ミルクが暴れています…。これでもマシになった方なんですよ。(笑)

f:id:tanumero28:20210920122725j:plain

 

それでは。